勇心酒造が開発したライスパワーエキス

ライスパワーエキスはお米から生まれた成分です。勇心酒造が「日本型バイオ技術」という独自の技術を用いて生みだした新規機能性素材となります。ライスパワーの最大の特徴として、一時的・表面的に対処する美容成分とは違い、自分自身の自然のリズムで内側から、ゆっくりと確実に整えていく効果が高く、身体に優しいです。

 

現在は、36種類のライスパワーエキスが開発されています。
その中の、13種類が実用化され、研究機関や大手化粧品メーカーなどの企業様やお客さまにご支持されています。

 


そして、上位で紹介した化粧品に使用されているライスパワーNo.11と「皮脂分泌の抑制」効果を認められたライスパワーNo.6の2種類が、医薬部外品の新規有効成分としての認可を受けています。

 

 

 

 

 

ライスパワーNO.11は皮膚水分保持能の改善

水分保持能とは、すべての人が生まれながらに備えもつ生体機能のひとつです。年齢や環境の変化により、この水分保持能が低下することで、セラミドが減少してバリア機能が衰え、乾燥、ハリや弾力の低下、敏感肌など様々な肌トラブルへとつながり、多くの女性たちの悩みとなっています。

 

ライスパワーNo.11は医薬部外品の新規効能「皮膚水分保持能の改善」効果を認可された唯一の有効成分です。水分保持能を高めることにより、トラブルの起きにくい、健やかで美しい肌へと導きます。今は、開発元である勇心酒造のライースリペア、ライース、アトピスマイルそして、化粧品メーカーの販売しているライスフォース、米肌、オールインワンエマルジョンに配合されています。

ライスパワーNO.6は皮脂分泌の抑制

皮脂は、毛穴の中にある皮脂腺から分泌され、汗と混じり合い肌を守るための大切な役割、生体機能を担っています。しかし過剰に分泌されると、肌にダメージを与え、ニキビ、毛穴の開き・黒ずみ、テカリ、老化など様々な肌トラブルを招いてしまいます。

 

ライスパワーNo.6は医薬部外品の新規効能「皮脂分泌の抑制」効果を認可された唯一の有効成分です。過剰な皮脂分泌を抑制し、健全な皮脂膜が形成されることにより、皮脂由来のトラブルを繰り返さない、なめらかで美しい肌へと導きます。

 

ライスパワーNO.6配合の化粧品は、勇心酒造のライース、ライスフォースのアクポレスとなります。

ページの先頭へ戻る